こんな症状の時には

左房圧の予測のレントゲン写真
左房圧の予測

心臓病の特徴的な症状は咳です。

1日数回程度の軽い咳であっても、咳が続くときは必ず原因があります。初期は、

  • 水を飲んだときに咳をする
  • 散歩中にリードを強く引いたときに咳をする

ことが多いです。進行すると、

  • 咳の回数が増える
  • 咳が止まりにくくなる
  • 運動時に息切れしやすくなる
  • 散歩中に疲れやすくなる

といった症状が出てきます。末期になると、

  • 肺水腫
  • 激しい呼吸困難

となり命を脅かします。

このような病気を診察しています

部位 主な病気
弁膜症 僧帽弁閉鎖不全症 三尖弁閉鎖不全症
心筋症 猫肥大型心筋症 猫の大動脈血栓症 犬拡張型心筋症
寄生虫 フィラリア症
その他 心タンポナーデ 肺水腫 肺高血圧症

よく行われる検査

  • レントゲン
  • エコー検査
  • 血液検査

よく行われる治療

  • 飲み薬
  • 食事療法
  • 入院

きたのさと動物病院 併設/札幌どうぶつ皮膚科・耳科センター

  • 〒003-0825北海道札幌市白石区菊水元町5条1丁目11-19
  • 011-873-7883
診療時間 月火金 第1,3,5
9:00~12:00
16:00~18:30
診療時間 第1,3,5 第2,4
9:00~12:00
16:00~18:30
  • 受付終了時間 午前 11:45/午後 18:15
  • 木曜日、第2・4日曜日は休診です