動物看護師の方へ

当院には受付・事務などを行う事務員がいます。
そのため受付、会計、掃除、洗濯などの業務は軽減されます。
また、動物看護士は獣医師の補助員ではありません。
これまで学んできた看護学を生かした仕事に専念できる環境を作るよう努めております。


きたのさと動物病院で働く動物看護師にはたくさんの仕事があります。

中でも一番大切な仕事は、
・飼主さまのアドバイザー
・来院する動物たちを安心させる
・病気から回復しようとする動物たちのお手伝い
・後輩スタッフの指導や育成
・診療業務


動物看護師の仕事

飼主さまのためのアドバイザー

動物看護士は自らの知識と技術を生かして、飼主様のアドバイザーになっていただきたいと考えています。
日常ケア、スキンケア、栄養学、シニア動物の介護、問題行動の修正、健康診断プログラムの作成など、
やりがいを感じる仕事を見つけて、知識と技術を磨いてほしいと願っています。

来院する動物たちを安心させる

来院する動物たちは慣れない環境に緊張します。でも、動物看護士が優しく接することで、動物たちはずいぶんと安心します。
動物の治療はここから始まります。
「動物たちを助けたい」という思いで動物看護士を目指した方なら、きっとできる仕事です。

病気から回復しようとする動物たちのお手伝い

これまで学んだ動物看護の知識や技術を生かし、動物たちと触れ合って動物たちの病気が治るようにサポートしてあげてください。

後輩スタッフの指導や育成

動物病院では、スタッフの育成はとても大切な仕事です。
また、私たちが将来どのような動物病院になりたいのかを共有し、それに向かって行動する必要があります。
動物看護学以外にも、スタッフの育成や経営に携わる仕事を選ぶのも1つの道です。

診療業務

専門学校で学んだ各種検査、保定、調剤、入院動物の看護、手術補助など診療に関わる仕事で、診療時間は主にこの業務を行います。最もイメージしやすい仕事です。


成長をバックアップ

育成制度

 入社後、専任の指導担当者がマンツーマンで仕事を教えてくれます。指導要綱が整備されており、定期的に業務の理解度をチェックします。また、各種セミナーして新しい知識を身につけることもできます。

育成スケジュール

 個人差はありますが、最初の2年間は主に診療業務を身につける期間です。指導要綱にもとづき、教育スケジュールや習得度を確認しながら1つ1つの仕事を覚えていきます。

動物看護師の将来

 診療業務を一通り覚えた後、やりがいを持てる仕事を身につけてほしいと願っています。動物たちや飼主さまを安心させる仕事、動物看護、飼主さまのアドバイザーなど、身につけた知識や技術をさらに高めるエキスパートとしての仕事です。


動物看護師の1日

当院はシフト制です。ここでは、看護師の1日をご紹介します。

早番出勤の1日

8:30 出勤

入院動物をチェックし、診療開始までの準備や掃除を行います。8:50に病院の受付が始まります。

9:00 午前の診察のはじまり

午前の診療が始まります。入院動物の世話を引続き行うこともあります。問診、検査、治療、保定、調剤など診察業務を行います。

12:00 午前の診察終了

午前の診察終了後、手術の準備や予約診療の準備などを行います。準備が終わると1時間の休憩時間です。

13:30 手術・予約診療

手術や予約診療が始まります。特に予定がなければ各自が自分の仕事を行う大切な時間になります。

16:00 午後の診察のはじまり

午後の診療が始まります。あと少し診察業務を行うと帰宅できます。

17:30 1日の業務終了

午後の診察開始から1時間半、早番の看護師の業務終了です。残業することもありますが、基本的に早番の方は残業がないように努めています。

遅番出勤の1日

10:00 出勤

出勤したら午前の診療と入院動物の世話を行います。

12:00 午前の診察終了

午前の診察終了後、手術の準備や予約診療の準備などを行います。準備が終わると1時間の休憩時間です。

13:30 手術・予約診療

手術や予約診療が始まります。特に予定がなければ各自が自分の仕事を行う大切な時間になります。

16:00 午後の診察のはじまり

午後の診療が始まります。もうひと頑張りで1日の仕事が終わると思うと、再び元気が出てきます。

19:00 午後の診療終了

1日の診察が全て終了です。この後、早く帰宅できるように全員で協力して病院の片づけ、レジ締め業務などを行います。

動物看護師募集要項

ダウンロード
動物看護師募集要項.pdf
PDFファイル 949.0 KB