心臓の病気

こんな症状の時には

犬の心臓拡張能
左房圧の予測

 心臓病の特徴的な症状は咳です。1日数回程度の軽い咳であっても、咳が続くときは必ず原因があります。初期の頃は、水を飲んだとき、散歩中にリードを強く引いたときなどに咳をすることが多いです。進行すると咳の回数が増え、止まりにくくなってきます。

 やがて、運動時に息切れしやすくなったり、散歩中に疲れやすくなってきます。末期になると肺水腫を起こし、激しい呼吸困難となり命を脅かします。

 

このような病気を診察しています

部位 主な病気
弁膜症 僧帽弁閉鎖不全症 三尖弁閉鎖不全症
心筋症 猫肥大型心筋症 猫の大動脈血栓症 犬拡張型心筋症

寄生虫

フィラリア症

その他

心タンポナーデ 肺水腫 肺高血圧症

 

よく行われる検査

当院おすすめの検査セット

よく行われる治療