手術

安全のために

安心の術前検査

体調が悪くなると麻酔や手術のリスクが高まることがあります。手術の前に血液検査・レントゲン検査などから健康状態をチェックしています。

痛みを少なく

痛みは動物たちはもちろん、そばで見ている飼主さまにとっても辛いこと。手術前、手術中、手術後に適切な鎮痛剤を使用して、痛みを抑えています。

術後の回復を早める

出血が多い手術、長時間の手術は動物の回復を遅らせます。手術は短時間であることを心掛け、その上、丁寧に手術することで出血や術後の負担を軽減しています。


手術の当日

手術当日の入院後、このように手術が進められています。

1 術前検査

手術前の検査から動物の健康状態をチェックします。手術が安全にできるかどうかを判断し、麻酔や手術の方法を選びます。検査は、身体検査、血液検査、胸部レントゲン検査を中心に、年齢、既往歴、手術法などに応じて、必要な検査を実施しています。

2 手術の説明

手術の方法、退院日、退院後の予定などについてご説明いたします。 手術に同意いただければ、動物をお預かりします。飼主さまには手術の同意書にご署名・ご捺印いただき、一旦帰宅していただきます。


3 お預かり後から手術までの時間

お預かりした後、点滴のための静脈内留置針を設置し、点滴、抗生剤、鎮痛剤の投与など手術までに必要な治療がされています。

4 麻酔

年齢、健康状態、手術の種類により、適切な鎮静剤、鎮痛剤、麻酔薬を選びます。手術中、気管挿管と吸入麻酔を行い、生体モニタで呼吸機能や心機能などをチェックしています。また、体温が下がらないように、暖かいマットで体を包むように手術を行います。 


5 手術中

手術中の事故防止のため、正しい麻酔管理と丁寧な手術を心掛けています。少しでも体の機能が低下したときは、麻酔濃度の変更、心機能や呼吸機能を安定させるための治療を行っております。

6 手術後

手術が終わり麻酔から覚めると、入院室で状態が安定するまで安静にしています。入院室はスタッフの目が届くところにあるので、動物の状態や表情を見ることができます。早く体力が戻り、食事をおいしく食べてくれるように、鎮痛剤、点滴などで治療しています。


退院後

退院後は、エリザベスカラーなどで手術したところを舐めないようにしています。手術によっては術後の検診をしたり、抜糸が必要なときもあります。万一、体調が悪いときは必ず当院までご連絡するようにお願いしています。


手術が無事に成功するよう私たちは細心の注意を払い、皆さまの心配される気持ちを少しでも和らげられるような仕組みを作っていくよう努めてまいります。

手術実績

当院では、様々な手術を行っております。これまでの手術実績はこちらをご覧ください。