胃腸、肝臓、胆のう、すい臓など消化器の病気

こんな症状の時には

胃運動低下
胃運動低下

胃腸、肝臓、胆のう、膵臓は、食べ物の消化と吸収に関わる臓器です。これら消化器の病気になると、下痢、嘔吐、食欲不振などが見られます。進行すると栄養状態が悪くなり、徐々にやせてきます。また、腹痛、腹水、黄疸など特有の症状が出てくることもあります。

このような病気を診察しています

部位 主な病気
食道 巨大食道症 食道内異物など
 胃  胃炎 胃内異物 胃運動障害 胃拡張と胃捻転 幽門狭窄 胃の腫瘍など
腸炎 腸閉塞 腸重積 直腸脱 腸内寄生虫 細菌性腸炎 腸リンパ管拡張症 蛋白漏出性腸症 炎症性腸疾患(IBD) 腸の腫瘍 猫の巨大結腸症 便秘
肝臓・胆のう  肝炎 猫の胆管炎 脂肪肝 肝リピドーシス 肝臓の腫瘍 肝性脳症 胆のう炎 胆のう粘液嚢腫 胆石 胆泥症
膵臓  膵炎 膵臓外分泌不全 インスリノーマ 膵臓の腫瘍

よく行われる検査

よく行われる治療