一般診療(内科)

当院では「確定診断のもと治療する」を心がけ、動物たちに関する様々な病気を診察しています。ここでは、よくある症状や病気について、どのような検査から病気を診断し、治療を行っているかについてご紹介します。

体調が悪いとき

動物の内科 体調が悪い

食欲がない、元気がない、ぐったりしている、熱がある、下痢、嘔吐、むくみ、お腹が大きいなど、どんな症状でも体調が悪いと感じたら迷わず受診してください。どのような病気でも当院では誠意を込めて診察させていただきます。

 

胃腸、肝臓、胆のう、すい臓など消化器の病気

動物の胃腸 肝臓 胆のう すい臓
腹部レントゲン検査

食欲がない、下痢、便秘、嘔吐、血便、黄疸、腹痛などが起こったとき。詳しくは写真をクリック。

 

心臓の病気

犬の心臓病 僧帽弁閉鎖不全
心エコー検査(心超音波検査)

咳をする、呼吸が苦しそうなど心臓病の症状が見られたとき。心臓の病気に関する相談。詳しくは写真をクリック。

 

目の病気

目やにが多い、涙が多い、目を痛がる、視力が落ちた、角膜の病気、白内障、緑内障など目に関すること。

排尿トラブル・泌尿器の病気

犬の泌尿器科 慢性腎不全
腹部エコー検査(腹部超音波検査)

おしっこの回数が多い、おしっこの量が多い、おしっこが出にくい、血尿などの症状があるとき。腎臓や膀胱の病気に関すること。詳しくは写真をクリック。

 

腫瘍

皮膚のできもの、おなかや血液の悪性腫瘍に関すること。

神経・骨・関節の病気

犬の馬尾症候群
馬尾症候群

歩き方がおかしい、まっすぐ歩けない、立てない、首や頭が傾く、痙攣、発作などが起こったとき。詳しくは写真をクリック。

 

ホルモンに関する病気(内分泌)

動物のホルモン 副腎 内分泌
ドプラ検査

糖尿病、甲状腺、副腎、卵巣、精巣などホルモンに関する病気について。詳しくは写真をクリック。

 

歯の病気

乳歯が残っている、歯石、歯周病、歯槽膿漏、歯が折れたなど歯に関するトラブルについて。