ホルモンに関する病気

クッシング症候群 副腎皮質機能亢進症
クッシング症候群

 ホルモンを分泌する内分泌腺(糖尿病、甲状腺、副腎、卵巣、精巣)に異常があると、ホルモン量が多くなったり少なくなったりします。その原因として、内分泌腺の萎縮、過形成、腫瘍などが考えられます。


 多くの場合、特徴的な症状があり、身体検査、皮膚検査、血液検査、画像検査に加え、ホルモン濃度を測定すると、診断することができます。糖尿病の食事療法とインスリンに関するアドバイスも行っています。

 

このような病気を診察しています

部位 主な病気
甲状腺 甲状腺機能低下症(主にワンちゃん) 甲状腺機能亢進症(主にネコちゃん)
副腎 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)副腎皮質機能低下症(アジソン症)
性腺 エストロゲン過剰症
膵臓 糖尿病
上皮小体 上皮小体機能低下症

よく行われる検査

当院おすすめの検査セット

よく行われる治療