献血へご協力お願いします

 ワンちゃん、ネコちゃんも、病気を治すため、あるいは手術のために輸血が必要なことがあります。しかし、人のように血液バンクがないため、血液を必要とする動物たちに十分な輸血をしてあげるのが困難な状況です。

 

 血液を必要としている命を1つでも多く救うために、私たちは皆様のワンちゃん、ネコちゃんに献血へのご協力をお願いしております。

献血
献血へご協力お願いします

献血から輸血まで

献血にご協力いただいたワンちゃん・ネコちゃんから採血

1. 輸血が必要になったとき、献血ドナーにご登録頂いている飼主さまへお電話し、ご来院いただきます
2. ドナーの身体検査、血液検査、レントゲン検査を実施し、現在の健康状態を確認します(検査は無料)
3. ドナーから無理のない血液量を採血します
  ワンちゃんの採血量 50ml~200ml
  ネコちゃんの採血量 25ml~50ml
採血部位はバリカンで短くさせていただきます。
必要に応じて鎮静剤(ブトルファノール、ミダゾラム)を投与することがあります。
4. 採血後、ドナーに点滴し、体調を確認のうえご帰宅です

血液を必要としている病気のワンちゃん・ネコちゃんへ輸血

1. 輸血を受けるワンちゃん・ネコちゃんに輸血用の留置針をつけます
2. 専用の血液バッグを使い、留置針から輸血します 

献血ドナーの要件

ワンちゃん

年齢 1-7歳
体重 10kg以上
予防接種 フィラリア予防済み
混合ワクチンを年1回接種
狂犬病ワクチンを年1回接種
健康状態 現在、健康である
妊娠および出産の経験がない
過去に輸血されたことがない
室内で飼っている
過去に感染症にかかったことがない

ネコちゃん

年齢 1-7歳
体重  4kg以上
予防接種 混合ワクチンを年1回接種
健康状態

現在、健康である
妊娠および出産の経験がない
過去に輸血されたことがない
室内で飼っている
猫白血病ウイルス感染症、猫エイズ

 ウイルス感染症にかかったことがない


安全な献血のために

1.無理のない採血量
  犬:50~200ml / 猫:25~50ml
 
2.採血後は、体温、呼吸数、可視粘膜色などの変化をチェックします
 
3.採血後は点滴を行います

安全な献血のために

献血ドナーのご登録方法 (無料)

お申込み

お電話または受付で直接お申込みください。

健康診断(無料)

問診、身体検査、血液検査、レントゲン検査、尿検査、血液型の判定を行います。猫ちゃんは猫白血病ウイルス・猫エイズウイルス感染症の検査も実施します。

ドナー登録の完了

健康診断で問題なければ、献血ドナー登録をさせていただきます。


献血していただいたワンちゃん、ネコちゃんへのお礼

混合ワクチン無料券(1回分)

フィラリア予防薬無料券(1年分)

献血前の無料健康診断