看護師として知識を深める勉強会

2021.7.27

皆さまこんにちは~

看護師の牧田です。

 

 

今月の看護師ミーティングでは、

正しい知識を深め共有するための勉強会をしました。

 

今回のテーマは「尿検査」についてです。

 

これまでのブログで採尿方法や泌尿器の病気について少しずつお伝えしておりました。

 

すべての検査は、検査をしたあと得られた結果を看護師は獣医師に報告しなくてはなりません。

 

ただ報告するだけでなく、検査をしたあとも結果をどうみたら良いのか、治療に使われるフードについても知識をつけて今後オーナーさまへアドバイスできるように情報共有が必要です。

 

そのために、検査結果をまとめる用紙に書かれている項目を一つずつ復習をしました。

 

例えば、尿の色について。

 

標準的な尿の色は黄色ですが、少し薄くても正常です。

 

色味は、血が混じったり水分不足や長時間排尿しなかったりするだけで濃くなりオレンジ色に変わってきます。

 

反対に水をたくさん飲んだり、腎臓が正常に機能しなくなると濃縮できずにとても薄い色になります。

 

 

どうしてそうなるのか、わかってくるとただ検査をするのではなく、その検査の重要性もわかってきます。

 

 

フードについても少しですが、

今回はストルバイトを溶かすことに特化したフードの特徴や注意点について情報共有をしました。

 

 

活き活きした目で真剣に話を聞いて、質問をしてくれるとやって良かったなと改めて思いました😊✨

 

 

~新人看護師 江口・菊地より~

今回、ひとつひとつの検査の項目をより詳し教えていただきました。

様々な病気の発見につながる大切な検査の一つだという事を再確認しました。

これから、より素早く正確な検査ができるよう心掛けていきたいと思いました!!

 

飼い主様に的確なアドバイスができるようになるため、

フードの勉強をすることも今後の目標にしていきたいです😊

一覧に戻る

きたのさと動物病院 併設/札幌どうぶつ皮膚科・耳科センター

  • 〒003-0825北海道札幌市白石区菊水元町5条1丁目11-19
  • 011-873-7883
診療時間 月火金 第1,3,5
9:00~12:00
16:00~18:30
診療時間 第1,3,5 第2,4
9:00~12:00
16:00~18:30
  • 受付終了時間 午前 11:45/午後 18:15
  • 木曜日、第2・4日曜日は休診です