異物誤飲について

2020.9.7

こんばんは!獣医師の平島です。

今回は異物誤飲について書いていこうと思います。

異物とは食べてはいけないもの、食べると消化管に詰まってしまうものなどが当てはまります。

今週の症例でトウモロコシの芯を半分食べてしまい3日間嘔吐が続く子がきました。

基本的には血液検査、レントゲン検査を実施し嘔吐の原因が異物誤飲の他にないかを探っていきます。

今回の症例はどちらの検査も問題なかったのですが、朝ごはん食べてないにもかかわらず胃の中に何がありました。

この後お預かりしてエコー検査とバリウム検査を実施したところ胃の中にトウモロコシの芯らしき物が確認され翌日摘出手術を実施しました。

幸い腸の方では詰まってなかったので今のところ経過良好です。

誤食癖のある子はどんな時でも注意が必要です。命の危険につながることなので十分注意していきましょう!!

それではおやすみなさい!

一覧に戻る

きたのさと動物病院 併設/札幌どうぶつ皮膚科・耳科センター

  • 〒003-0825北海道札幌市白石区菊水元町5条1丁目11-19
  • 011-873-7883
診療時間 月火金 第1,3,5
9:00~12:00
16:00~18:30
診療時間 第1,3,5 第2,4
9:00~12:00
16:00~18:30
  • 受付終了時間 午前 11:45/午後 18:15
  • 木曜日、第2・4日曜日は休診です