お腹が痛いとき

2021.6.1

皆さま、こんばんは~

看護師の牧田です。

 

 

私たち人間は、お腹が痛いと「お腹が痛い」と話せますが、動物たちが話しても私たちはその言葉がわかりません💧

 

本当、言葉がわかりあえれば良いなぁといつも思います😳

 

わからないからこそ、仕草や鳴き声、タイミングなどいろいろな情報を見聞きすることが大事です。

 

 

 

今回の「お腹が痛いとき

こんな行動をとったり、症状があったら要注意です。

 

 

・お腹を触ると嫌がる。痛がって鳴く。

・背中を丸めるような体勢をとる

・ソワソワして落ちつかない、もしくは痛みが強いとうずくまって動こうとしない

・お腹が鳴り続ける

 

さらに、嘔吐したり下痢をすると体力を消耗します。

 

嘔吐・下痢をするときは

何時に何回、どんな色・形をしていたか

をお聞きします。

 

吐物や便も持ってきていただけると有力な情報となり、特に便は検査ができます。吐物を持って来れないときは、写真を撮るのも良いですね。

 

気温差など環境の変化は、体調を崩しやすくなります。特に高齢のコは要注意です。

何かいつもと様子が違うと感じたら受診しましょう。

一覧に戻る

きたのさと動物病院 併設/札幌どうぶつ皮膚科・耳科センター

  • 〒003-0825北海道札幌市白石区菊水元町5条1丁目11-19
  • 011-873-7883
診療時間 月火金 第1,3,5
9:00~12:00
16:00~18:30
診療時間 第1,3,5 第2,4
9:00~12:00
16:00~18:30
  • 受付終了時間 午前 11:45/午後 18:15
  • 木曜日、第2・4日曜日は休診です