院内設備

安心、安全を第1に、そして、正しい診断、適切な治療のために、当院では、様々な医療機器を揃えています。クリックすると詳しい説明を見ることができます。

半導体レーザー

手術の際、出血を最小限にすることができます。また、小さな皮膚のできものやイボを局所麻酔で切除したり、ビデオオトスコープと一緒に使うと、耳の中のポリープを切除することができます。

電気メス

高周波電流で出血を抑えながら切開することができます。また、出血したところを速やかに止血する機能があります。

吸入麻酔器

吸入麻酔器:安定した吸入麻酔を実現してくれます。もし、麻酔中に呼吸機能が低下したとき、呼吸をサポートすることもできます。

生体モニタ

麻酔中に心電図、心拍数、血圧、体温を測って、動物たちの状態が安定しているかどうかを正確に知ることができます。異常が起こった場合はアラームで知らせてくれます。

サージック

中耳炎に対する鼓室胞切開、骨折のピンニングとプレート固定、股関節脱臼時の大腿骨頭切除など整形外科の手術で必須の装置です。

内視鏡

食道や胃を調べる内視鏡です。胃炎や大腸の組織を採取し病理検査をしたり、誤って食べた異物を食道や胃から取り除くことができます。

ビデオオトスコープ

なかなか治らない外耳炎は、耳の中で問題が起こっています。耳の中を見ることで外耳炎の治療の成功率は飛躍的にあがります。札幌初のカールストルツ社製ビデオオトスコープを導入し、これまで治らなかった外耳炎を治療してきた多くの実績があります。

プロサイトDX

蛍光レーザーフローサイトメトリー技術により、赤血球データ、白血球5分類、網赤血球数、猫の血小板などをわずか2分で正確に測定することができます。また、赤血球や白血球の測定分布を画像化することで、正常と異常の素早い判別が可能です。

カタリストOne

先進のテクノロジーが結集された新世代の血液化学検査機器です。病気の早期発見のために必須とされる総合的な血液化学検査ができます。しかも、それぞれのワンちゃんの検査情報が一括管理されるので、いつでも過去の検査データを見ることができます。

超音波診断装置(エコー)

カラードプラ、パルスドプラ、連続波ドプラを備え、心臓病と心臓機能の診断に役立ちます。また腹部超音波検査は専門医による研修を修了した獣医師が担当しており、肝臓、腎臓、消化器、リンパ節などお腹の病気を調べることができます。

レントゲン検査装置

当院のレントゲンはデジタル化されているので、結果がすぐに得られ、短時間でレントゲン検査が終了します。

ダーマスコープ

皮膚の症状(皮疹)を詳しく見ることができます。皮疹を見ることは皮膚病を診断する第1歩です。当院では日本獣医皮膚科学会認定医がダーマスコープを使って皮膚科診療を行っています。

皮内反応検査

皮内反応検査は最も診断制度が高いとされている皮膚病のアレルギー検査です。少量の抗原を皮内に注射しわずか15分で結果が得られます。

オゾンシャワー

微生物の殺菌効果が高いオゾンを発生する装置です。クワトロシステムを一緒に使うことで皮毛の汚れを落とすナノバブルも発生させることができます。オゾンの殺菌効果とナノバブルによる洗浄効果で、最も低刺激に体を洗うことができます。特に脂漏症、マラセチア性皮膚炎、多汗症でその効果を発揮してくれます。

パンオプティック検眼鏡

網膜を見るための検査機器です。網膜剥離、網膜出血などの診断に役立ちます。また角膜表面を調べることもできます。

眼圧測定器

緑内障を調べるための機械です。緑内障は突然発症し、短期間のうちに失明することがあります。当院の眼科診療で広く使われています。

スリットランプ

角膜潰瘍、角膜炎など角膜の病気、白内障、ぶどう膜炎などの検査ができます。特に白内障の検診では、眼圧計とともにとても重要な検査機器となります。当院では白内障、ブドウ膜炎、緑内障、角膜炎の検診と治療によく使われています。

半導体レーザー治療機器

椎間板ヘルニア、関節炎、変形性脊椎症、外耳炎などによる痛みの緩和に役立ちます。またケガを早く治すために使われることもあります。

超音波スケーラー

歯石を除去する機械です。超音波を使用しているため歯と歯茎に優しい方法です。歯石をとった後は必ずポリッシングを行っています。また、歯根膜用チップを使うと、短時間で痛みの少ない抜歯が行えます。